神棚の飾り方や祀り方・設置の方法や処分の仕方設置場所について飾り方や設置方法など) ⇒ 神棚の雲板
スポンサードリンク

神棚の雲板

神棚の雲板は棚板とのセットになっている事が多く
幕板とも呼ばれ波状に形取られた板が付きます。

普通神棚は天井近くに棚板を設置し、
その上部にお祀りしますね。

お住まいがアパートやマンションで雲板や棚板を
壁や天井に釘で補助木を固定できない場合は、
タンスや書棚等の上に置くしかないです。

しかし最近はモダンで小型サイズの神棚も通販で
販売されていますので購入される方が
増えています。

神棚を設置する為に伊勢神宮でお札やお社を
頂く方が多いと思います。

そして方角や位置、向きなどは東向きか南向きが
良いと言われています。

正しく方向を合わせましょう。

またお札などを頂いたのに飾りが無い場合でも、
まつる事は可能です。

このような場合は、宮型を利用します。

設置場所を綺麗にしてそこに宮型を置き、
神棚に代えるのも良いとされているようです。

おしゃれでモダンな飾り方をしたい気持ちも出るかと思いますが
位置や向きも重要で、やはり基本は清掃と感謝の気持ちかと思います。
スポンサードリンク
高さ(サイズ)についてお札の管理