神棚の飾り方や祀り方・設置の方法や処分の仕方飾り方や設置方法などお祀りの仕方、作法) ⇒ 飾り方のギモン
スポンサードリンク

飾り方のギモン

神棚の飾り方や祀り方、そして向きと位置は重要とされていますが、
初めての時は判らない事が多いかと思います。

デザイン重視の神棚や、おしゃれな棚板が多く販売されていますが
飾り方には基本があります。

神棚の飾り物には神鏡、榊の葉、みきぐち、
そして瓶子、白皿、注連縄、水玉、九谷みき、
カガリ火、灯籠、御簾などがあります。

まずは一番手前の左右外側にカガリ火を飾ります。
そして上の方に、しでをさげた注連縄を張ります

配置は奥から中央に神鏡を置き、少し手間の左右に九谷みき
その外側に榊の葉を飾る榊立てを置きます。
さらに手前にお酒を入れる瓶子を左右に置き、中央に白皿を置きます。
同じ列に水玉を置くのもよいでしょう

気にしたい所は榊は常に緑を保つよう注意しましょう。
また注連縄は太いほうが向かって右側になるよう飾ります。

また設置が完了した後は棚板の設置や、今後万が一の
処分の仕方も悩みの1つとなる事が多いようです。

スポンサードリンク
引越し時の処分についてモダンデザイン