神棚の飾り方や祀り方・設置の方法や処分の仕方飾り方や設置方法など設置場所について) ⇒ 神棚の位置について
スポンサードリンク

神棚の位置について

神棚の位置や設置場所を決める際に最も重要な事は方角と言われています。
基本的には南向きまたは、東向きに設置します。

しかしながら神棚の寸法や棚板のサイズを考慮すると、
設置場所の選択が難しいと思います。

家庭に置く場合は部屋は家の中でも上座にあたる部屋(床の間)などが
最もよいとされています。

一軒家で2階3階のある家の場合は人の歩く場所、または下に位置する場所は
避けた方が良いでしょう。

神聖な神棚がある場所ですから埃やよごれがひどく、
お札などが汚れてしまう部屋も避けるべきでしょう。

ただしマンション事務所等で床の間などがない場合、
日頃のお祀りがしやすい部屋でもよいでしょう。

設置する神棚の高さについてはお供えや飾りがしにくい所は避け、
適当な高さにしましょう。

祀り方や飾り方、向きと位置は重要とされていますが、
今の住宅事情を考えるとなかなか実現するのは
難しいと思います。

また棚板の設置や、処分の仕方も悩みの1つとなる事が
多いようです。
スポンサードリンク
神棚の飾り方や祀り方・設置の方法や処分の仕方のプライバシーポリシー祀り方も色々