神棚の飾り方や祀り方・設置の方法や処分の仕方飾り方や設置方法などデザイン) ⇒ お札、神鏡など神具について
スポンサードリンク

お札、神鏡など神具について

神棚のお札、神鏡など神具は飾り物として欠かせない物です。

配置は奥から中央に神鏡を置き、
神具はお供え物や榊、しめ縄と共に設置します。

最近モダンなおしゃれなデザインが発売され、
購入される方も増えましたが神棚の作り方や供え方は
わからない事が多いかと思います。

祀り方や飾り方についてですが、基本は頂いた
伊勢神宮のお札を中央にお祀りします

また方向や方位方角は東向きか南向きが正しいと
言われています。

そして神棚の設置場所はよごれや埃やが
ひどい所は避けて下さいね!

掃除もしっかり行いましょう!

また新築の際の引越しで神棚を移動する際は
設置する条件に問題がないか天井や寸法を
事前に調べておきましょう。

マンションに引越しをした際は上の階に部屋が
ある場合「雲」の文字を天井に貼って
神棚をお祀りします。

逆に処分する際はご神札の神社にお焚き上げを
お願いする形となりますので確認しましょう。
スポンサードリンク
神棚の購入神棚の移動