神棚の飾り方や祀り方・設置の方法や処分の仕方飾り方や設置方法など設置場所について) ⇒ 配置と祀り方
スポンサードリンク

配置と祀り方

神棚の祀り方や祭り方で皆さんが一番気になるのが
神棚の配置や位置、そして方角や向きかと思います。

元々良くわからないのにお供えや榊などの飾り、
お札など沢山あり何を揃えておけばよいのか
きっと迷われるかと思います。。

まずは基本となるお札の管理や正しい飾り方、
まつり方をゆっくり覚えて下さい。

覚える事で日本古来の伝統と歴史を
理解する事にも繋がりますね。

神棚の向きや方角は東向きか南向きが
正しいと言われています。

位置についてはなるべく人の歩く
場所の下となる場所を避けましょう。

また神棚を設置する場所は神聖な場所となるので、
よごれがひどい所や埃が多い場所は避けましょう。

神棚は昔から私達の心の寄りどこりとして
非常に大事に扱われてきました。

最近ではモダンでおしゃれなデザインの神棚も増えましたが
お札やお供え、飾りが埃で汚れないように
注意しましょう!
スポンサードリンク
神棚のお供えについて置き方(位置、向き)