神棚の飾り方や祀り方・設置の方法や処分の仕方向きや方角について移動について) ⇒ 神棚の向き
スポンサードリンク

神棚の向き

古くから神棚の向きや方角は東向きか南向きが
正しいと言われています。

家庭で設置する場合は部屋は家の中でも
上座にあたる床の間などが最もよいと言われています。

神棚の位置についてはなるべく人の歩くような
場所の下となる場所は避けましょう。

しかし事務所やマンション等で床の間などが無い場合は、
日々お祀りやお供えがしやすい所でもよいでしょう。

また上の階に廊下やトイレやがある場所も
さけるよう心がけましょう

現在マンション等にで上の部屋がどのようになっているか
判らない場合は、神棚の天井に雲、天、空などの
文字を墨で書いて貼るようにしましょう。

また神棚の設置場所は神聖な所でもあるので
よごれや埃やがひどい所は避けましょう

神棚のお供えや飾り、榊やお札などに埃がついて
しまい汚れてしまいます。

棚板のサイズやセットの関係で配置するのが
大変だと思いますがなるべく基本を守りながら、
神棚の祀り方や飾り方を覚えてしまいましょう!
スポンサードリンク
方角について飾り方