神棚の飾り方や祀り方・設置の方法や処分の仕方向きや方角について設置場所について) ⇒ 方角について
スポンサードリンク

方角について

神棚の方角はとても重要で向きや設置場所は、
正しく行なうように注意しましょう!

神棚の向きや方角やで一般的に正しいとされるのは、
東向きか南向きだと言われています。

最近ではおしゃれなデザインやモダンな神棚も
多く販売されていますが、設置位置は重要です。

またスペースや棚板を設置する高さなど
の問題でなかなか思い道りには行かないと思います。

そして神棚を設置する場所は神聖に扱われるべきですので、
よごれがひどい所や埃が多い場所は避けましょう。

そのような場所ですと、大事なお札やお供え物が
汚れてしまいます。

また事務所や自宅で神棚を設置する際は、
上の階にトイレや廊下やがある場所は
避けるように心がけて下さい。

特にマンション等にお住まいで上の階が判らない場合は、
神棚がある位置の天井に、天、雲、空などの
文字を墨で書いて貼りつけるようにしましょう。

また神棚の飾り方についても決まりがあり、
飾り物もみきぐち、榊の葉、瓶子、注連縄、
白皿、水玉、九谷みきなどと色々あり
最初に用意する時はわからないかと思います

最初の準備段階で神棚の祀り方や向き、
お供えについてを組み合わせで
理解すると良いかと思います。
スポンサードリンク
神棚の榊神棚の向き